送ろうとしたが配送料が高くて断念したモノ

宅配便サービスが発達している現在においては、誰もが気軽に必要な荷物を送ることが可能になっています。

送ろうとしたが配送料が高くて断念したモノ

宅配便サービスが発達している現在においては

宅配便サービスが発達している現在においては、誰もが気軽に必要な荷物を送ることが可能になっています。宅配会社各社も、ニーズの高い大きさの荷物に関しては、できるだけリーズナブルな価格で送れるように配慮しているのです。

この状況であっても、実家から荷物を送ろうとして、断念した時がありました。
それは、以前部活動で使っていた長弓です。
幅や奥行きに関してはそれほどでもないのですが、長さが1メートル60センチほどあり、宅配便で送る時には配送料が高額になるということでした。
しかも、しなやかな柔らかい元材を使っているので、配送途中の扱いもかなり特別なものが要求される事になるので、破損可能性が高いから断念したのです。

結局、次回、自分の自動車で実家まで行った時に、その長弓を持って行くことに決め、それまでは実家で保管してもらうことにしました。
私の自動車は、助手席と後部座席を倒せば、長弓を運ぶ事ができるスペースを確保できるからです。

配送を諦めて、自分で運ぶ事にしたことは、結果的に配送料分のお金の節約と、確実かつ安全に長弓を自宅に持ち帰れたという、幸せをもたらしました。


Copyright(c) 2017 送ろうとしたが配送料が高くて断念したモノ All Rights Reserved.